世界のエコ活動

1970年代後半から、スーパーマーケットなどの店で買ったものを入れるための袋として、

安価で丈夫なポリエチレン製のレジ袋が使われるようになりました。

それまでは、多くの人がかごなどを買い物に持参したり、

紙袋が使われたりしていました。

現在では、日本全体で年間約300億枚のレジ袋が使われているといわれています。

これは石油に換算するとドラム缶約1500万本にあたります。

 

このレジ袋を削減するために、買い物にバッグを持参する人が増えています。

このバッグのことをエコバッグ、あるいはマイバッグと呼んでいます。

同時に、これまで無料だったレジ袋を条例によって有料化する自治体や、

レジ袋を断るとポイントが付き、

ポイントが貯まると商品の割引やプレゼントなどの特典が得られる制度を導入しているスーパーも増えています。

数年前には有名ブランドがエコバッグを販売して流行したことなどから、

エコバッグブームが起きました。

現在ではおしゃれなエコバッグや機能的なエコバッグなど

さまざまな種類のエコバッグが販売されています。

 

ところで、日本の昔ながらの入れ物といえば風呂敷です。

四角い布で、持ち歩くときは小さくたたむことができ、

いろいろな大きさや形のものを包むことができます。

使い捨ててではなく何度でも使える風呂敷を見直す動きもあります。

 

まずは直ぐできる、簡単なことから

環境の事を考え、エコ活動をしています!!

トラックバックURL