リサイクルの仕組み

家庭や事務所などからだされるごみは、一般廃棄物と言われ、

平成18年度ごみの排出量は、5,204万トン(東京ドーム約140杯分)

標準的な2トントラック2,500万台以上にもなります。

また、1人1日当たりすると1,116グラムになります。

 

なお、工場や建設工事など産業活動からだされるごみは、産業廃棄物と言われ、

平成18年度約4億1,850万トンでした。

 

日本ではでは、テレビなどの電化製品の普及率は高く、

テレビなどは1家庭に2台3台とある場合が多くなっています。

また、食料品をはじめ様々な商品が販売されており、

保存のためや持ち運びを容易にするためなどから、

ごみに占める容器包装廃棄物の割合は(容積比)60%を超えています。

家庭からでるごみのおよそ60%を占める容器包装廃棄物を資源として生まれ変わらせるために、

消費者、市町村、事業者がそれぞれ役割を担うこととなっています。

 

そして、限りある資源を上手に使いまわして(循環(じゅんかん)させて)、

環境に与える負担を小さくするため、

リサイクルに関する法律が最近ぞくぞくと定められています。

 

わたくしたちは、しっかり分別し

出来るだけ、リサイクル・リユースし

エコをこころがけて行きたいと考えております。

トラックバックURL